ナナカマドの日向日記

日常の普通の事を書いています

借金で行き詰ったときは

| 0件のコメント

お金を借りた額が多くなり、もう個人の力では返済できない場合に、債務整理をすることになります。

借金でもうどうにもならなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談しましょう。すると、裁判所で弁護士と債権者、裁判官が話し合いをします。月にどのくらい返済できるかなどを検討し、それからの月々の返済額が決定します。

財形貯蓄では、毎月支給される給料から天引きして貯金することです。自己破産によって債務整理した時は、その貯金額と手元に置いている現金の合計額が法上に定めのある上限を超えると、財形貯蓄を解約しオーバーした分を処分する必要があります。さらに、上限額に達していない時でも、裁判所に対して残高証明の提出が必要です。

これを入手するには取引先金融機関か勤務先に申請すればOKです。任意整理に知ろ自己破産に知ろ債務整理をし立という実績があれば、一定期間は個人信用情報に記録が残ります。
ですから新たなローンの申し込みは出来なくなるのはもちろん、手元にあるカード類も利用停止になります。つまりクレジットカードを持てない状態ですから、新規でカードを申し込んでも、審査で落とされるはずです。一方、既に契約している債務の場合、基本的に返済義務は残りますから、支払いがなくなることはありません。個人再生をしようとしても、認可されない場合が存在します。

個人再生をする場合には、返済計画案を提出しなければなりませんが、裁判所でこれが認められないと認めて貰えません。もちろん、不認可となってしまえば、個人再生を行うのは無理です。
借金返済できないのでなんとかしたい

コメントを残す

必須欄は * がついています