ナナカマドの日向日記

日常の普通の事を書いています

借金の整理を考えた時は

| 0件のコメント

もし任意整理や個人再生などの借金の整理を行う際には、一定以上の収入が継続してあることがもとめられるわけですが、もし生活保護をうけている場合はこれらの手つづきはできませんから気をつけてください。

持と持と生活保護費というのは一般の収入とは区別されており、債務の返済などに利用してしまえば、生活保護費の支給を打ち切るといった厳しい措置が待っていますね。

そういうわけで、生活保護費の支給をうけている期間内に債務整理を行うなら、選択肢は自己破産のみと言えます。

保護を打ち切られないよう、早めに弁護士に相談することをお奨めします。

債務整理をしたら、ブラックが解除されるまで金融機関から融資をうけることができなくなるのでしょうか。

実のところ、法律では特に禁止されていないため、借入できる可能性はあります。とはいえ、ほとんどの消費者金融や銀行での融資は相当難しくなるでしょう。でも、法律で制限されている訳ではないので、小さい金融機関であれば、利用できることもあるでしょうから、よく捜してみてください。
借りたお金の返済ができなくなった場合に、お金が返せない人は、弁護士をとおして債権者と話をして、返す金額を調整します。これが任意整理という手つづきですが、任意整理を実施する時に、銀行口座が凍結される畏れがあります。銀行に預金がある場合は債権者への返済にあてられてしまうので、事前に銀行から引き出しておきましょう。

任意整理も民事再生も、債務整理を行う時の方法になるでしょう。
異なる点は、元金の減額があるかないかです。

任意整理では債権者と債務者の話し合いで将来利息の支払いを免除した上で返済額を設定し、月々の返済を行うもので、概して借りている元金を減らすことはできません。一方の民事再生では裁判所に返済計画を提出することがもとめられ、認めて貰えた場合、元金が一部カットされ、残りを支払っていくことになるでしょう。
強制執行で給料の一部を差し押さえられている場合、差押えをしている債権者をふくむ債務整理をすると、今までつづいていた差し押さえはピタッと解除されるのですが、必ずしもそうとは限らないんです。

おりあしく任意整理をした際には差押を解除しなければいけないという規定はないため、差し押さえられた状態がつづきます。和解交渉を急いでおこない、現在の差し押さえ状態の解除に結び付けないことには、働くのすらままなりません。

債務整理を任意整理によって行う場合は、延滞金や将来利息を免除の上で返済していく事ができます。

ところが、元金も減らしてもらいたい時は、極めて難関です。担当弁護士や司法書士の交渉力によっては万一減額の可能性もあるでしょうが、仮に元金の減額をOKすると債権者にとって損になるのは間違いないので、そうそう同意は得られません。件数そのものは以前に比べて減ったものの、裁判所で交渉を行う「特定調停」という債務整理もないわけではありません。 返済すべき債務があり、なおかつ計算上過払い金が発生していると思われる時に効果を発揮する債務整理です。

過払い金の返金が気になるでしょうが、特定調停の場ではその性格(エニアグラムの分類では、批評家、援助者、遂行者、芸術家、観察者、忠実家、情熱家、挑戦者、調停者に分かれ、岡田斗司夫の分類では、王様タイプ、軍人タイプ、学者タイプ、職人タイプに分かれます) 上、過払い金請求はできませんので、あとから別途、請求します。基本的に返済中は過払い金請求はできませんが、すべての債務を返済しおわってからとなるでしょう。お金を借りた額が多くなり、もう個人の力では返すことできない場合に、債務整理が行われます。

借金が返せない人は弁護士事務所や司法書士事務所に行って相談しましょう。

そして、手つづきを経て裁判所で弁護士と債権者、裁判官が相談します。
月々の返済可能額などを検討し、その後、月々に返す額が決定されます。
借金減額する

コメントを残す

必須欄は * がついています